ゴキブリ

ゴキブリの生態について

ゴキブリは繁殖力が強く、季節に限らず1年中発生します。 特に飲食店、食品加工工場、ホテル等は食料が豊富で暖かいため、ゴキブリの生息に最も適した環境です。 一般のご家庭でも台所やガス台、冷蔵庫の底、食器棚の隙間が発生しやすく、衛生上大きな被害を及ぼすことがありますので、早目に駆除や対策が必要です。 人家に生息する種類は、外来のクロゴキブリ、チャバネゴキブリ、ワモンゴキブリがいます。

ゴキブリの駆除方法

ゴキブリは暖かく食料がある場所を好み、幼虫期と成虫期と住む場所が同じという習慣があり、ゴキブリの発生源に施工・対策を施した上で、 それに適した駆除方法を提案し、施工いたします。駆除方法として、一般的に下記があります。 施工はほとんど無臭で嫌な臭いは残りませんので、施工後すぐでも変わらない日常をお過ごしいただくことができます。


  • 薬剤散布処理
  • 噴霧処理
  • 燻煙処理
  • ベイト工法

料金の目安はこちら

ダニ

ダニの種類

ダニには肉眼で発見困難なチリダニ・コナダニ等の室内塵性(しつないじんせい)ダニ、人間を刺咬(しこう)するイエダニ、ツメダニやワクモ類、 その他、主に屋外に生息し、服やペットに張り付いて屋内へ入るマダニ類、病気の原因となるヒョウヒダニやヒゼンダニ等様々な種類がいます。 ダニにとって環境が良いと大発生することがあり、この場合は薬剤処理で数を大きく減らし、発生の原因の除去・改善が必要となります。

ダニの特徴と駆除方法

ダニ駆除は、まずはダニの種類や発生原因・発生場所を特定し、適切な駆除方法を選定します。 又、施設、ホール、飲食店などでは他の害虫を含め、定期的な衛生消毒をお勧めしています。

イエダニ

特徴

体長1mm位で淡褐色~赤褐色で、発生源はねずみの巣やねずみの個体に付着しています。 腹や脇の下など体の柔らかい場所を吸血し、吸血後は赤くはれ、一週間位その部分に痒みが残ります。

駆除方法

発生源であるねずみの駆除を行った後、巣の特定・除去を行い室内に薬剤散布をおこない駆除します。

ワクモ、スズメサシダニ、トリサシダニ

特徴

体長1mm、灰褐色、発生源は鳥の巣。

駆除方法

戸袋、屋根瓦の隙間などに営巣するため、その巣を除去し、巣の周辺及び室内に薬剤を散布駆除を行います。

ツメダニ類

特徴

体長0.5mm前後で半透明の淡黄色で、発生源は主として畳、ジュウタン等です。 体の柔らかい部分を刺咬し激しい痒みを伴うため、夜も眠れない場合があります。

駆除方法

発生源である畳等を外に出し日干しにしたり、加熱処理をすることによりダニを殺す方法や、畳・床に薬剤を加圧注入し、中に生息するダニを駆除します。

ハリクチダニ(イエハリクチダニ等)

特徴

体長0.4mm位。発生源は畳

駆除方法

発生源である畳等を外に出し日干しにしたり、加熱処理をすることによりダニを殺す方法や、畳・床に薬剤を加圧注入し、中に生息するダニを駆除します。

ヒゼンダニ

特徴

別名疥癬(かいせん)ともいわれ、体長0.4mm位前後で灰白色で、皮膚に寄生します。 疥癬症の人との接触、布団や毛布、下着によりまれに接触感染する可能性があります。

駆除方法

ヒゼンダニに寄生されると手のひらや指、腹、胸及び腕などに赤い皮疹ができます。 これらができたら皮膚科で診察してもらい適切な処置をしてもらいます。また室内の寝具や下着などを別洗いにし、室内に薬剤散布をすることにより駆除します。

料金の目安はこちら

ノミ

ノミの特徴

ノミの住家はペット(犬・猫)やネズミのいる所が多く、人や動物が近付くと、それらが出す炭酸ガスをキャッチして跳ね上がり、寄生する動物の毛の間や人の皮膚の間を素早く動きます。 光を当てると暗い方向へ逃げたり、物の隙間に 隠れたりするので、人目には付きにくいです。

ノミによる被害

ノミに咬まれると皮膚が赤くなり、体質によっては大きく腫れることもあります。 蚊に刺された時よりもしつこい痒みが数日間続き、何日か経ってから 掻くとまた痒みがぶり返してきます。 皮膚の掻き傷から細菌が感染して 伝染病を患うこともありますので十分注意が必要です。

ネコノミ

特徴

体長2.0mm~3.0mm、主にネコに寄生するが犬、ウサギ、ネズミなどにも寄生します。 最近は人間もよく咬まれるようになっています。幼虫の生育場所はじゅうたん・畳の下・床下など。

駆除方法

野良猫に寄生が多いので置小屋・倉庫に住みつかせないようにします。 じゅうたん・畳の下・床下などきれいに掃除し、その後薬剤を被害箇所に散布します。 じゅうたんを敷いてある場合も念入りに掃除機をかけ薬剤を散布します。 既にノミの成虫がいる場合も畳やじゅうたんをあげて床下に薬剤を散布し、畳やじゅうたんは日に当て元に戻す際には部屋の隅、畳の継ぎ目、押入の中に薬剤を散布します。

イヌノミ

特徴

体長2.0mm~3.0mm、野良犬への寄生が多く、ネコやキツネなどにも寄生し、人からも吸血します。 幼虫は犬小屋の敷きワラの中のゴミで育ちます。ネコノミに似ていて見分けは困難。

駆除方法

犬を屋外で飼っている場合は犬小屋の下や付近を掃除し、犬小屋の下にスミスリン粉剤を散布します。 室内で飼っている場合はネコノミと同様の処理をおこないます。

ヒトノミ

特徴

体長2.0mm~3.0mm、日本ではほとんど見られない。ジャンプ力は驚異的でオスは垂直25㎝、水平40㎝の記録がある。 人家付近に生息し、人のほか犬から吸血する。5月頃と秋に発生しやすい。

駆除方法

ペットを飼育していれば、他のノミの対処と準ずる。 ペットを飼っていなければ基本的にこまめに掃除をすることが大切。

ネズミノミ

特徴

体長2.0mm~3.0mm、ネズミに多く付着し、ペストなどの病原菌も媒介するので要注意。発生のピークは夏季

駆除方法

ほとんどのネズミはノミを持っているので、ネズミを駆除することが先決です。 ネズミが死ぬと人の血を求めて感染してくるので、ネズミの死骸を見かけたらビニール袋に包んで素早く処分する。 天井裏や床下は専用薬剤で処理し、室内はネコノミと同様の処理をおこないます。

料金の目安はこちら

トコジラミ

トコジラミ(南京虫)の駆除について

旅館やホテルなど宿泊業の皆様、トコジラミ(南京虫)の被害が深刻です。 最近、旅館やホテルで宿泊客がトコジラミに刺される被害が相次いで発生しています。 ホテルや旅館等宿泊施設でトコジラミが発生すると、経営に大きなダメージを与える事になります。 最近は海外旅行者が持ち込む例も多く有り、海外で使われる強い殺虫剤に耐性がついたトコジラミが多発しています。 最近のトコジラミは一般の殺虫剤は効かず専門業者が徹底的に駆除をしないと、完全に駆除することは難しいのが現状です。

トコジラミは夜行性で、就床中の人を吸血します。蚊などのように疾病を媒介することはありませんが、体質により強い痒みを引き起こしたり、 ときには眠れなくなったりする場合もあるため被害は深刻です。 昼間はベッドのマットレスや壁、家具、カーテンの隙間などの人目につきにくい場所に潜みます。トコジラミが発生した場所には特有の微臭があります。 成虫は吸血しなくても条件により6ヶ月以上生きることがあります。

トコジラミの駆除は非常に難しく、特に卵の駆除は薬剤では効果がないともいわれています。 csmでは環境への配慮を忘れず薬剤使用を控えて、バキューム処理・凍結処理・高熱処理の駆除方法を取り入れています。

csmのトコジラミ駆除の特徴

長年の経験と実績を活かした トコジラミ調査に絶対の自信があります。 再発見報告なし!完全駆除100%を継続中。 成虫・卵の徹底駆除を目指します。 薬剤使用以外に環境を考慮した施工も可能 施工した直後から部屋の使用ができます。

料金の目安はこちら

ハチ

ハチの巣撤去・ハチ駆除について

刺されると大変危険なスズメバチやアシナガバチの巣は、5月ごろから巣作りが始まり、秋に最も大きくなります。 巣作りの時期のハチは、攻撃性も強くなり、ちょっとした刺激で人を襲うことがあります。 攻撃性の高いハチへの刺激は大変危険ですので、決して巣に近づいたり刺激を与えるようなことはしないでください。 ハチの不安解消と安全維持のためにもcsmへご連絡頂ければ、スグに駆け付けて駆除いたします。 ハチの巣は、種類によって目に見える軒先や木の枝など目に見える場所や屋根裏・壁の中・床下など目に見えない場所にも巣づくりします。 「最近、ハチを見かけることが多くなった」と感じたら、どこかに巣をつくっている場合があるため、まずはお気軽にご相談ください。

料金の目安はこちら

シロアリ

シロアリ対策協会認定 しろあり防除施工士が対応!
だから、10年保証(新築時施工)!損害保険加入済み!
充実したフォロー体制でシロアリから大切な住まい(財産)を守ります。


シロアリによる建物の被害はまさに「災害」と言えます。

最近では温暖化の傾向もあり加害範囲や被害地域も広がっています。 気づいた時には家全体まで被害が進行している事もあり、 木造住宅は新築から5年~10年経過したくらいで定期的なシロアリの点検や予防処置・対策をおすすめします。 日本の気候では、木造住宅の建築工法には防蟻処理をしないでシロアリの被害を100%防ぐ工法は無いといわれています。

csmではシロアリ対策協会認定しろあり防除施工士の資格を有するプロフェッショナルがシロアリ調査・提案・お見積りから施工まで責任をもって対応。 また、新築時のシロアリ予防工事の場合は10年保証。損害保険加入済みですので万が一の際でも安心です。

こんなときはシロアリが原因かも?

まずはご相談ください!

  • 室内に羽アリが飛んでいる!
  • ドアや襖、雨戸などがスムーズに動かなくなった
  • 床がブカブカ、畳がふわふわする
  • シロアリが通った道(蟻道)の跡がある
  • 壁や柱を叩くとポコポコと空洞音がする
  • 床に木くずやフンを発見した
csmのシロアリ駆除の特徴

シロアリ駆除のプロフェッショナル シロアリ対策協会認定・しろあり防除施工士在籍 新築時しろあり防止工事10年保証あり 損害保険にも、シロアリ被害の修復に係る費用も保証

駆除方法

シロアリを駆除する上で一般的に行われる施工方法が在来工法(バリア工法)と呼ばれるものです。 この工法は、一般的にシロアリの予防や駆除に広く用いられており、すでにシロアリが家屋に発生してしまっている場合には即効性があります。 床下の土台や柱など木部への薬剤処理と、土壌(コンクリート土間も含みます)への薬剤散布の組み合わせで、シロアリの家屋への侵入を防ぎます。 基礎で囲まれているタイル張りの浴室や、玄関の外壁、袖壁、ポーチ壁など床下以外の部分には、専用ドリルで小さな穴を開け、専用ノズルにて内壁部分に薬剤を注入していきます。 生活空間に近い場所で化学薬品を使用しますので、アレルギー体質や化学物質過敏症の方などは、 施工前に薬剤成分などを十分把握し安全を確かめる必要があります。 当社では、人やペットにやさしい安全性の高い薬剤を選定していますので、施工後も安心してお住いいただけます。

薬剤に頼らないシロアリの予防「ベイト工法」

ベイト工法とは、従来工法の床下の木部や土壌に液状の防除剤を散布したり、穿孔注入する方法とはまったく違う工法です。 必要以外の薬剤を使用せずに従来工法と同等の効果をもたらすことが出来る新たな防除法です。 あらかじめ、住宅の外周(庭先や境界)に餌木(餌となる木)を入れるディフェンダーを埋める事で、地中から家屋へ侵入しようとするシロアリをおびき寄せ、シロアリが餌木を食べ始めた時点でディフェンダーの中へ駆除剤を投与します。それを食べたシロアリが毒餌を巣に持ち帰り仲間に伝播さすことによりコロニー(巣)ごと根絶します。 この工法の最大の利点は、生活空間に近い床下への駆除剤散布(噴霧等)を行なわないことです。 アレルギーや化学物質過敏症・シックハウス症候群等の問題を抱えているお客さまの住宅でも、シロアリは容赦無くやってきます。 大切な我が家をシロアリから守るためには防除対策はとても大切な事は当然ですが、同時にお客様の健康を守ることも、とても大切な事です。


  • 白蟻施工風景

料金の目安はこちら

害虫駆除料金の目安

ゴキブリ駆除
1R・1K 16,500円(税込)
1DK・1LDK 19,800円(税込)
2K・2DK・2LDK 22,000円(税込)
3K・3DK・3LDK 27,500円(税込)
4K・4DK・4LDK 27,500円(税込)
半年保証申込 5,500円(税込)
ダニ・ノミ・トコジラミ駆除
1R・1DK・1LDK 33,000円~38,500円
2DK・2LDK・3DK・3LDK 71,500円~93,500円
ハチ駆除
50cm未満の巣の駆除 1箇所 16,500円(税込)
高所作業(3m~) 8,800円(税込)/ 箇所
シロアリ駆除
10㎡当たり 16,500円(税込)

害虫対策対応例

  • 2021.10.30

    三田市にてスズメバチ駆除を行いました。

  • 2021.02.06

    トコジラミ駆除

  • 2020.08.30

    アシナガバチ駆除

  • 2020.08.22

    大量繁殖 トコジラミ駆除

  • 2020.08.22

    アシナガバチ駆除

  • 2020.06.27

    イエシロアリ駆除現場

  • 2020.06.09

    ログハウスのシロアリ駆除

  • 2020.06.09

    トコジラミ駆除

CONTACT

現地相談・調査・お見積り無料対応 害虫・害獣の悩みはcsmにご相談ください!

受付時間 8:00~21:00
日曜・祝日関わらず365日いつでもご連絡ください。
※深夜帯など時間外の作業にも柔軟に対応いたします。

OFFICAL SNS

「相談してよかった!」
「 悩みが解決した!」

お喜びの声多数いただいております。

csm

害虫駆除・害獣対策のプロフェッショナル
csm - シーエスエム -

〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島2-2-17 epiビル1F

TEL:06-6195-8195 / FAX:06-6195-8194

© 2022 csm.